1年運用!つみたてNISA運用記録+104,590円【2021年4月】

投資
スポンサーリンク

どうも、節約上手な〇〇(@setsuyakuppa)です。

2020年4月からつみたてNISAの運用を始めて、あっという間に1年が経過をしました!

つみたてNISAを始めて、若いうちからつみたてNISAを始められて本当に良かったと思います。

今の相場は、過熱し過ぎている気もしますが、下落相場に向けてしっかり含み益を残せたと思います。

相場は短期的に見れば、上がったり下がったりを繰り返しますが、長期的に見れば、右肩上がりになる傾向が高いです。

そのため、僕のつみたてNISAの投資スタイルは長期保有の老後資金が目的です。

皮算用ではありますが、つみたてNISAを20年間運用すると老後2000万円問題はクリアできると考えています。

それでは、つみたてNISAの運用実績を見ていきましょう。

目次(押すとジャンプするよ)

1.1年間のつみたてNISA運用実績

投資先には、『楽天・全米株式インデックス・ファンド』を選びました。

理由としては、過去の傾向から世界への分散投資よりも米株に投資をした方がリターンが大きいからです。実質、アメリカ株に投資をしたら世界の株を買っているのと変わりません。

証券会社は楽天証券にしています。積立をしたら楽天ポイントが貰えて、毎月1%安く買えるからです。

2021年4月現在のつみたて額は、毎月33,333円の積立を1年間して399,996円です。

また、4月から特定口座でも16,667円の追加購入を始めたので、合計で5万円の投資をしています。

現在の評価額合計は、521,252円27.03%の含み益が発生しています。

2.まとめ

1年間で10万円も含み益が発生するとは思いもしませんでした。

2020年から始めたおかげで、給付金が2回もらえたと考えると若いうちから始めなければ機会損失になることが分かります。

今、投資を始めようか迷っているなら、ぜひ挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

損失は怖いですが、それ以上の価値はあります。

少額から積立投資を始めて、投資の感覚を身につけて、慣れてきたら個別株などにも挑戦をしていく流れもいいかもしれません。

つみたてNISAだけでは、お金持ちになることはできませんが、小金持ちになることはできます。

少しずつ資産を増やして、老後の不安を解消していきましょう!!

【つみたてNISA 】

楽天・全米株式インデックス・ファンド:33,333円(毎月購入額)

【特定口座】

楽天・全米株式インデックス・ファンド:16,667円(毎月購入額)

現在の評価額合計:521,252円

利回り:27.03%(+104,590円)

コメント

タイトルとURLをコピーしました